覚えて使うのが安全なWi-Fiの仕組み

スマートフォンやタブレットでインターネットを楽しんでいる人は多くなりました。パソコンを優先でつなぐよりも、はるかに手軽に利用できるところが普及に拍車をかけました。通信料の問題から、Wi-Fiをうまく利用していくことも必要です。ですが、Wi-Fiとは一体何なのか、どんな仕組みで利用しているのかを知っている人は意外と少ないでしょう。

言葉として考えた時にも、Wi-Fiは間違って使われることも増えています。無線LANと混同されることも多く、いったいどんな技術なのかを知っておくことは実は重要です。特に幅広く利用している人には、知識を持って利用を進めていくほうが安全といえます。公衆Wi-Fiを利用する場合には、どんな心構えでいなければいけないのか、技術の面から仕組みを考えておくといいでしょう。

無線LANの技術であるWi-Fi

Wi-Fiとは、名前が先行していますが、技術の名前になってきます。無線LANの技術のひとつであり、無線LANの総省ではありません。逆に無線LANの枠組みのひとつであり、代表的な規格になってきています。無線で接続できるローカルネットワークエリアが無線LANであり、その接続方法のひとつがWi-Fiと考えるとわかりやすいでしょう。LAN環境を使いながら、インターネットを使ってアクセスできるようにもなっていきます。Wi-Fiは無線LANであるという解釈は、そもそも順番が逆で間違っているといえるのです。

LAN環境は、ローカルなのであり、小さなネットワーク技術です。スピードの速いアクセス方法でもあり、もともとは優先で接続していました。複数の機器をつなぐためには、HUBを使って分ける必要が有線にはありますが、これによってデータの共有もできるようになるメリットが生まれます。有線の場合には、物理的につなげなければ接続できないというメリットがある一方、物理的な回線工事が必要で、ケーブルも設置しなければいけません。

Wi-Fiは無線環境ですので、こうした工事の手間がいりません。配線が見えるといったことが必要なく、HUBも使わずに複数機器の接続が可能です。Wi-Fiの語源でもありますが、相互接続ができる技術のことを指しています。つまり、複数の機器をWi-Fiという規格の中で相互に利用できるようになるのです。HUBのような分配の必要性がなく、相互にデータの共有も可能となっていきます。手早く回線を接続できる一方で、物理的な接続ではないため、だれがアクセスしているのか目で確認はできません。不正アクセスの問題も十分に考えていく必要があるでしょう。

Wi-Fiで重要な無線とルーター

Wi-Fiの仕組みといえば、無線にあるというのが重要ポイントになってくるでしょう。ルーターからは有線でつなぐ必要性がない技術であり、配線などの必要性がありません。ですが、回線速度から言えば、有線にはかないません。現在の回線は光が主体であって、非常に高速な環境で利用できるのが特徴です。Wi-Fiルーターは光回線に接続しますが、Wi-Fiの技術上、そこまでの速度を発揮することができません。回線速度を重視するのであれば、有線である必要があるでしょう。

ルーターここで重要になってくるのが、ルーターの存在です。Wi-Fiの電波を飛ばす機器になりますが、光回線が最終端末であるONUから利用できるようになり、その回線をWi-Fiルーターに接続します。家電量販店などでも手に入れることができますし、回線事業者からレンタルする方法も良く使われているでしょう。このルーターへさまざまな子機が接続することによって回線が利用可能です。この時に発している電波がWi-Fiという規格になります。

相互に電波をキャッチすることが必要になりますが、子機にはWi-Fiの受発信ができるようになっていなければいけません。最近のパソコンなどは搭載されていますが、ない場合にはUSBに接続できるWi-Fiアンテナがあります。これを利用することで、親機であるルーターと接続できるようになり、無線LAN環境を構築可能です。このルーターは、さまざまな機器と接続することになりますが、同時にすべての機器が回線を使えるわけではありません。適切な順番と量にしていくことがルーターの役割となり、混線したりしないようにコントロールしています。

Wi-Fiのもつ暗号化技術

Wi-Fiは電波で接続する無線LANの技術です。この電波をキャッチしてしまえば、だれでも使えるようになってしまうセキュリティの問題が付きまといます。有線とは異なり、物理的に接続しているわけではないため、その存在がわからないからです。そこで利用されているのが暗号化方式で、単純に接続できないようにするための技術になっています。

よく使われているのがWEPです。暗号を組み合わせていく方式ですが、設定がシンプルなため使いやすい反面、解読も簡単にできる欠点を持っています。一般的な知識程度では解読はできませんが、それでも解読できることは理解しておかなければいけないでしょう。もう少し進化させ複雑にしたのがTKIPですが、これも時間がかかるようになっただけで、解読ができないわけではありません。

AESはさらに進化させ複雑にしたものです。それだけ設定にも手間がかかりますが、セキュリティにはかなりの信頼を置けるようになるでしょう。それでも破れないというわけではありません。侵入を防ぐという意味ではWPAはもっとも難易度が高いといわれている暗号方式です。ですが、暗号化に対応していなければ、当然使うことができません。

まとめ

Wi-Fiは、便利な反面電波を捕まえてしまえば、侵入されるリスクがある方法です。物理的につながない利便性の高さが背負うリスクであると考えておかなければいけないでしょう。良く電波の範囲は限られており、侵入するほうにもリスクがあるとされることもありますが、そもそもリスクは承知で侵入してきます。その中でもリスクが低い、または得るものが大きいからこそ侵入することを忘れてはいけません。

仕組みとして重要なのは、Wi-Fiは暗号を使って守っているということでしょう。設置は簡単で設定も簡単ですが、この暗号を漏らしてしまえば、だれでも簡単に侵入できるということです。仕組みを知ることができれば、こうしたリスクがいかに怖いのかということも見えてくるのですから、理解したうえで利用していくことが大切です。